1. ホーム
  2. プロジェクト

PROJECTDIYAプロジェクトのはじまり

年間59万頭以上のシカが有害鳥獣として駆除されていることをご存知ですか。

いま、日本の里山では、野生鳥獣による農作物被害深刻化しています。
その被害額は200億円前後推移しているといわれています。
その全体の7割がシカ、イノシシ、サルによるもので、特に、シカ、イノシシの被害が急速に増加しているのです。

大切に育てた農作物を野生鳥獣に荒らされてしまう被害は、農業を営む意欲を奪ってしまいます。
そして、耕されず使われなくなる田畑が増え、里山の美しい風景が失われているのです。

高齢化が進む里山地域において、被害額として数字に現れる以上に深刻な影響を及ぼしています。
このような鳥獣被害が深刻化している要因は、林業が衰退し森林の管理が行き届かなくなったために
野生鳥獣の生息域が拡大していること、また、高齢化により猟師の担い手が減少していることがあげられます。
そして、これまで狩猟による捕獲活動のあっせんや人材育成、捕獲機材の導入などにより、
さまざまな対策が進められてきましたが、その一方で、有害鳥獣として駆除した後、十分に活用されていないことも大きな課題となっているのです。
徳島県の“祖谷(いや)”という地域でも、野生鳥獣による深刻な被害が広がっており、
年間約1500頭を超えるシカが駆除されますが、そのほとんどが山に放置されているのです。

DIYA は、この里山の現実をより多くの人に伝えていくことを目指し、立ち上げた鹿革プロジェクトです。

Deer Ieather project DIYA made in IYA

駆除した個体の価値を高めていくことは、問題解決につなげるための大切な視点であると考えています。
柔らかな鹿革素材の魅力を最大限にいかし、丁寧に作りあげたDIYAの製品。
手に取ってくださった皆様が、鳥獣被害と里山の暮らしの「いま」を知る、貴重な一歩となりますように。

SHIKAKENINシカけニン

映画監督

つた てついちろう 蔦 哲一朗

TETSUICHIRO TSUTA

1984年生まれ、徳島県出身。祖父は池田高校野球部の元監督・蔦文也。
上京して東京工芸大学で映画を学ぶ。

2013年に地元・徳島の祖谷地方を舞台にした映画「祖谷物語−おくのひと−」を発表。東京国際映画祭をはじめ、トロムソ国際映画祭で日本人初となるグランプリを受賞するなど多くの映画祭に出品され話題となる。

2014年、個人として徳島県庁より『阿波文化創造賞』を受賞。

上部へ戻る